スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2016年09月09日

町を離れていない私たちは

明月、時間で縦寵いとわない町で、された名前何冊遊子編。三月中、小雨が翻っ、町を清風風にゆっくりと。水は路地の願いの木にかけて、人々がぎっしり赤绸布ように落ちた歯の風鈴、のんびりここを咀嚼して生活人々の来た過去。澄み切った仙穀川、穏やかに耳を傾けてサイカチの木の下で座っ一緒に人々の囁き。岸辺の柳の糸、吹く漫堤の小さな川、川に散る三々五々木舟フルート抑揚が、料理の花が咲いて、枝柳に行く、石アーチ橋上を通る何世代の老若Zhongqing。落日燦、オレンジ色の余光には、町を離れていない私たちは、振り返ると、軽舟には軽舟の水郷の水郷の暖かい一瞥になる。
は月の熟知よりも、子供の時の中華ナン食べました。私と弟は私と弟に1つの帰りを買って、1人の半分に切って、1人の半分にして。中華ナンがパリパリで、その時は角の1つを半個は名殘惜しい。老を絡ませて母に言われてどこで買いました、母親は私達に教えて説明月、幼い私たちは月何円い念、当時を知るだけ見て行きたい明月、中華ナンはどうやっても明月はどこですか。中華ナンといえば、家が恋しい人特別の味が食べている、ピザ、ハンブルクあるいはティラミス、伝統的な中華ナン濃厚な故郷の味はそれらその味に匹敵するのはできません。中華ナンにゴマは子供の小さな粒の気持ちを、ジャンプ舌先で、子供の記憶の中に隠して。
子供の夢、夢にあこがれて甘い。せっかく母が私を連れて明月、天下て毛毛雨が、母親は私服は深紅の上着は、明月が私の印象が1列の長い木構造瓦ぶきの低い、入り乱れての石畳の無数の階段。路地裏での売りの叫びに、红男绿女シャトルけぶる中で、しかし滴雨の軒からつるして一つ一つに赤い提燈に明月この水墨画に最も目立つの飾り。この絵巻を売って弱々しい、中華ナンの老人は叶家大茶屋の前に、真剣にやっていた一枚で中華ナン、伸ばす面棒熟練をたたいている生地は、ストーブの中燃えて真っ赤の炭が、ストーブの壁の上で焼いた中華ナン香りあふれる。老人たちは喫茶店で座って、子供を眺めている待っている中華ナンを焼く。一杯の緑茶、1枚の中華ナン、どんな人生简一。明月人はこのように気楽にゆったりとしていることを好きに座って茶屋に座って、Lalaしている。は1つの小さい女の子の問おじさんwffiパスワードはいくらで、お茶を売ってもおじさんやお客様のように忘れない時間の中で座り込み。  


Posted by 丽萨 at 16:35七色彩虹

2016年06月16日

歳月の素美しい花

座り込み光陰、素樸な心を手に一巻の書1熟練、細かく味わう、身世で心に濁って、菩提。綴り込みの輝きを騒がせた歳月、私は釈然とした悲喜、過去の記憶scientific developmentをかすめて、指清宁時の廊下、軽い捻木の葉、願い事が花の中に落ち、歳月は1部は淺く澄みきっている。
信じて、文字は魂があって、信じて、記憶は命ある;だけでは、これらの文字を読むたびに、心はを求めた慰めの港灣、心の底に沿ってい唯美%  


Posted by 丽萨 at 11:30七色彩虹

2015年07月08日

美しい国アカシアの美を好

いつからか、私は春の花はすでに興味を送りながら、その干ばつが开いた国アカシア礼賛論」を繰り広げた。春の候、万争鸣によって、风情を通じ者にはめまぐるしい活动を繰り返していた。夏の国槐だけは無花の香りの季节に開放は、毎年の7月から9月のように、彼はいつも不段階の花が咲き、人をハマって长いた花の中にいます。

私が思うに、春の花が咲いて、共に歩む姹紫嫣红したにもかかわらず、花せっかちて、歩くのも急、できない事を鑑赏してその「庐山正体」を続けてきたのは、ハッフルパフありがと。后唐かが言うとおり「林花散って春が赤くてあまりにも」だ。春の花はいつも悪かった風のしいたげるたにもかかわらず、再び「しょうがない朝来て寒雨の夜風」には、どこにも夏の国槐しようが、全体の夏の暴威、相変らず屹立する風の中にまた謝、ありがとうをさらにオープンさせ、全体の夏まで見える国アカシアの姿を装いながら暑い夏だった。

七月に入ったが、街の国の移動はアカシアの、これは私がこの繁華街の喧騒のなか北国の都校が一番幸いな事ではない。の花が咲く頃のたびに、私がいつも好きだ、どこかの穏やかな日だから、聞き込みをしてあれらの国アカシア最盛期のおさまらない。いつも私は歩いてエンジュの下の顷に希望が出てきて、花びらリラのおかげで、私が好(す)きハマって花の香りの中で、アカシアのほうが好きです。雪の感じがします。

私は、詩人の詩を形容することはできないが、美しい国アカシアの美を好きなのですが、私はその薄黄色の花びらを、一瞬「見幕「一泊春風に来て、千树万树アカシア」と語った。があって、人を楽しませる;私は声楽家もあってはならない美しいボーカルに行って歌う国アカシアの美にせよ、ただし私は好きな風っと風が吹いていたその瞬间、花びらヒラヒラ落下の画面とその葉と風の音に形成された交響曲;私は更にになりたいという一人の作曲家、国アカシアのすべてを書き換える成优美な歌謡を吸収するすべての人の中で歌い継がれている

ほうぼうを見ていた国を思うアカシア、故郷の五月のアカシアだった。アカシアのための同じは異なっていた花の、どうしても張り付いて人の気持ち。覚えている小学校時代、キャンパスのあたりにエンジュの木に囲まれ、五月の初めのたびに、アカシアが二人との開放、その时はどこかアカシア美ししたにもかかわらず、いつも污れたアカシアこだわったり忘れないであったとしても、今と変わらない好きアカシア雪散った瞬間だった。あれらの年代、私の最も恐れたのは逃せ花期で、ことあるごとにアカシアが満开な时、私はいつも駅の木の下で空を仰ぎのぞんで咲き乱れたアカシアだった。春の太阳は眩しいもののファンタの下にあり、アカシアは案外の透明;风のたびに駆けつけたときには、満面の花の香り、僕は陶酔木の下よ。忘れてた。授业のベルが鸣り响いて毫「ごう;花が终る时、私に感動し、虚しい心境で何を失ったようだったにもかかわらず、感覚は一度も保有しました。つまりあの时、仆はますます好きアカシアだった。
  


Posted by 丽萨 at 17:45七色彩虹

2015年06月11日

朝が楽しめるの

月明かりに疏泄彼女の姿をした、彼女は精緻なムカデ辮、条月白ロング、ペアを踏まえた月白涼ハイヒールに来て、ゆっくり。その精緻なムカデ匍匐黒いサテンの髪に、クロス纏旺盛な弧を重ねてDR REBORN
彼と彼女は言って、あなたは優雅な、あなたは知性の、あなたは美しい。
早起きは鏡をくしゃくしゃの時、彼女は高い高盘から円形のキノコ雲髷。お皿に何度も満足の円を得ていないで、すべてまた盤盤は、解体、これはけだるい朝が楽しめるの特殊待遇。もし、普段はむやみに突いたポニーテール、肩をむやみに晃。
彼女がこんな令閑雲野鶴のはあの真っ黒に輝くサテンつやつやの長い髪。これは他の人の真似ができないで、たとえ今流行の技術に染めて。通常のファッションを愛する人も黄色に染まって、コーヒー色、栗、赤紫色で、たとえオレンジ、あるいはもっと大げさに、白い染め。新潮のも決して黒に染めて。ただ年の夜歩き;若いは早くから白くなった頭の好きとは言えなくて、やっと色の黒い。そんな染料処理の黒口下手な、命のない、甚だしきに至っては落ち層黒粉肩を売った髪の中の秘密。
精緻な人は精緻な生活、バッグに一枚の美髪カード、DR REBORN各種の美しいや多様な髪をとかすのスタイルは細長い指の間を流れる。まるで画工の筆、ストローク一滃染めは、一枚の絵を持って、モナリザ・スマイル。
彼は彼女の中国式の盘发驚き、それただ借りのクリップをスケッチして、また、円形のキノコ雲の下で一枚の赤いばらのヘアピン。赤いばらヘアピンは彼女は1家のつま小山ヘアピンアクセサリー店を探して探した。ばらできっと赤い黒髪シック。彼女はそう思ってた。赤いばらヘアピンは透かし彫りの波紋のように曲がっている水図案、一面の朝露た霞の柳葉。赤いばら黒髪にジャンプして、含蓄があって、美しい。
彼は彼女の美しさに驚き、クラシック、中国の盘发、配上で1件の中国式のチャイナドレス、学科に靑肷マント、傘を油から。
彼女は彼の想像を返す。中国のチャイナドレスは、靑肷マント、唐傘はすべて彼の想像。彼女はただの徒名した雲の盘发たい。
翌日、彼女は髪を垂らし、もう盘发。甚だしきに至ってはわざと彼女に刺さったのポニーテール飾らない、少し飾り。彼女はあの滝の黒繻子任意で肩摇漾、摇漾出水中の月、摇漾出鏡の中の花。
これは1部の中国式の美しさは、保留の、とある人DR REBORN。  


Posted by 丽萨 at 16:47七色彩虹

2015年04月24日

別の夏を過ごす

泣いて叫びが午前時、夜明けを迎えてかすめ四月の一筋の光。若い婦人を引き裂くような痛みをこらえ、側をなだめすかしてうつむいて撮って女児が。春と萋萋草、木、百花斉放、色とりどりの花、季節の始まり、等待の始まり、あるいは婦人を彼女に最高のプレゼントや期待しましょう!
雪が溶けて、万物の蘇り、暖房、繊維柳吐蕊;春景色のすばらしいさま、飛ぶ蝶ひらり;風光綺いる1季節の中で1つの女児が初成長。時は移り、ぎいぎい学語から、よちよち歩き、無邪気で、活発で、小さい女の子はしたい放題を楽しんで子供時代の楽しい時間。
草は緑の木、百花は美を競って、カラフルな、飛鳥の奇石、春に生まれた子供の目が始まる。落書きがありありと紙。緑の葉、赤い花、羽ばたく鳥、うごめく虫や奇石重なり合っても、白い紙に輝くinterior decorator hong kong
川と聞いて、聞いてコオロギ声が、異なる言語、一種の曲調、子供の鼓膜こだま。彼女は巻いて童謡兄嫁から、あの時の歌謡、あの時の記憶もいつか氾潮、再生。腕白な小さい姉妹を越えてはオランジュリーに小さな白い花を見せて、しとしとで緑葉の中から、香りや、心にしみわたる。姉は通俗花一輪、届ける妹鼻前、早く嗅ぐでしょう、おいしそうですね!妹猛吸、香、香、ニコニコし、彼女たちの道を追いかけ、道を騒がせたそれだけで、シャトル花間忙しいミツバチ、ブンブンブンブン、、、「なんと私の糧を奪い取って、ミツバチ笑い声に向かって「姉妹、走れ走れ、、、、、彼女妹の手を引いても忙しい逃げような離れたあの香りあふれるオランジュリー。

別れを告げるように芽のか弱くて、靑い潤染めた姉妹の顔。下校帰宅後は母の手伝いに行っ香溪料理は、川で洗濯、これも姉妹が一番楽しいの家事。川の流れを聞くことができ潺弾き語りも見られる魚が水にダンス、魚も体得触れかかとのマッサージ、むずかゆい、心地よい。何枚服の洗濯、満面の水しぶきはね上げ間に合わない拭いてVirtual Office Hong Kong、一羽の水鳥をかすめて水面を乗せて目に行ったその家の方向で、それはお母さん?やはりお父さん?緩た神才知は姉妹の母叫び帰宅。
夏に入って、女の子は十七八。花のような年齢では、無知の年月。理想と現実の分画、迷いの中でも、卑屈に自信、愁いに登って頬、筆文字生成ちぎれちぎれ多感の花。ハス池、彼女に寄りかかって石を見つめて1池ハス、大きなころころした緑を繋げて、いろいろ隙間一株の株ピンクのハスの花、蕾型、含み笑い嫣然型、心ゆくまで満開型は、異なる姿勢の解釈にそれら泥中の蓮の清潔さと高貴。「蓮の考え事』低吟浅唱「毎日見上げるあなた緑の窓、静かにあなたの名前を呼ぶが、私はあなたの五百年前に失われた蓮子、年ごとに花を君に一度、何人を賛美したことがあり、蓮の矜持、誰が読める蓮のこと?私はあなたの五百年前に失われた蓮子、年ごとにあなたのために心を一度に、どれだけの人が推測した蓮のこと?ゆっくり陰干しに漢詩」!
失って行く一草、一樹一木;いくつか人は、いくつかのこと、彼女の心に刻んで石をはめ込む。誰にバインドした年月、負夏花?誰一诺囁き、誤った年月は最も美しいですか?数行の文字記若死に、物語の寒い米独賞、ただその人水一方。落花流水の波を、文字賦、年回りが渡って、花は夏花Forフルーツバスケット、いわれなく誤!は喜び、DR REBORN悲しみ、無視しない、任に心が入り混じり、痴缠割一輪の花咲く繁雑さそれ、それ散る!  


Posted by 丽萨 at 13:22

2015年04月14日

一生変わらない

窓の外の雨の音を晨夢を見ている接続天地の雨帘水のように、気持ちが落ち着く。かつて雨が想像以上の感情になると、雨は大喜びで、小雨の天気は雨の中を歩く、大雨は雨の中に狂奔する。Production Diplomaかつてののんきで時間の流れの中で唯一の値を尽くし、幸いに、ずっと生活への積極的に楽観的な態度!
春風に従ってそっと柳の柔らかいふい動、小雨がしとしとと沁润て淺緑の柳芽、開いた開催の桃の花、浩翰の世界が広がって、現代人の心の浮きの乾燥している。複雑な人間関係、簡単にまた帰どこどこを探し、単純に、どのように誠実に対して。どのように心が迷って、一生変わらない、生活はこのような現実にはならない、半分の怠慢。
花は、タイミングの輪廻、季節とは関連がないように関連しても。人の世の変転をしばしば経験した後も、迷い、自分の生活も、陶酔して、自分の生活は仕方がないとは思わないように自分を強制では過去のこと。座って次第に形成のつぼみのシャクヤク園では、手を伸ばして次の一滴はつぼみ転落の雨、手のひらで感じのいいそれ涼しくさわやかさと、期待して花が満開の時の艶やかにサプライズ。
かつて、ほとんどの私たちも渇望変わらない。香港離島遊しかし、失った後にやっとわかる、人生は1度の果てしない旅は更に美しい景色も引き止められない足音。そこで、私はひっきりなしに漂流して、ひっきりなしに計画漂泊のルートを抜けて、南西の熱帯雨林のような森を抜けて、山々に囲まれた雁蕩、霧雨も歩いた江南。千裏は氷結の雪原にもかかわらず、生活への圧力にはそんなにの現実からにもかかわらず、現実の生活はそんなにの殘酷な、私は依然として堅持して、1番の飲食朝露、道の晩に眠る孤月、風雨の中にの流浪して、起点だけ終点がなくて、いいように泥二度と落花かつての風景は無限の枝に戻れない。
いっしょに歩いてきて、最も渇望のは平板のぬくもり。ただ、選択に漂流後に決められたいつもと無縁。歳月が持っている人々を遠ざけてくれる、私を連れて歩くほど遠い記憶。-いわゆる永久不変で、ただ時間と私達の言った冗談にすぎない。一生、やはりそんなに長いでしょう、あの偶然出逢った激情、ただひとときの温もりが出ない、美白続く永久の縁。  


Posted by 丽萨 at 13:16七色彩虹

2015年03月13日

春もたけなわ

春は怠け者で、春風をはいつも少し多かれ少なかれの疲れ。鑲牙ハルヒで歩いて、いつも気をつけないとその花が咲く木衝突があふれ、内気な、色っぽい、軽率である花は、この春を連れてあるいは薄くあるいは濃くの酔い心地。探したいの村で、酒旗薫風の竹垣をめぐらしたわらぶき小屋の中で1つぼの杏酒、好きな人と戦うは上戸。諦めた嘘なら、1つぼの禅茶、1つぼの淡酒、1枚の木、竹のまたは単には石小さい機の数を、簡単な竹椅、静聴花が咲く音。
春雨が舞い散る花も、ひらひらと舞い落ちる、雨落心に落ち、花も漂っているように、淡い閑愁。数日来ない春は老、昨日はまだ半展はうずくまって、粉の苞内気て骨朶、今日はつけるのが少し妖ました。煙が好き水墨、渚回廊曲がった小道、記憶の中でその古典清新なファッションの女子、瞳の中で流れて淡い清愁。二十四桥名月、尤物何処教フェラチオ。結局ははどこにもなくて、強い春風のだけ、春風に揺れる、生酔い半に目が覚める夢Interior decoration
気持ちが水のように。それは恋情浸潤の水が流れている、婉曲、流れているぴいぴい、淡い雲が流れている。つないだ手をなでて春、春の小さな足、彼女を私の心の中に置いて、両腕を開けて、目を閉じている、春の鼓動を感じる。春の美しさと本当に感じ、楽しんで春の優しさとラブラブ、まるで1場久遠の夢、かすかにまた真実で、かつまたロマンチック。目がすっかり盛り上がり、胸は喜び、蝶はひらひらと舞い蜂児。風含情、水微笑んで、無心片付けこのロマンチックな感情、いずれか靑石路、はるか雲水の奥に伸ばし、例えば1本の古い歌謡、遠い国から。
鳥は枝が、ぼたぼたして。湿っぽいを持って、山水の潤音。この天籟、適障子静聴、それを聞いて無邪気な純粋な、それを聞いた低眉はにかむような黒い髪の蕾が静かにかけて、枝、活膚精華液


彼女が懶眠く倚そよ風。
春もたけなわ、あなたはどこですか。  


Posted by 丽萨 at 13:29情感

2015年02月16日

も1種の幸福と酔う

肉感的な金網に漏れるようにわざと君の姿月光から窓の隙間から漏れてくる、向こうのベッドの上で照らして。香りと月光相互の混雑、全体夜も迷昏ましたかのようで、うつらうつらして中を見て、この非凡な美しい膠原自生

その姿に、息をすることは、画面のように、ありのままのスライド、あのぼんやり寒冷紗裏上演。極力の自分を抑えて、一歩足を軽く握った君の部屋で、しかし、その香りも私みたいに飛びかかってきて、私を見に行きたくないだが、あのこん畜生の月光、いつも情自然の誘惑する私、私の足どりにするが百倍も1万倍に恐れて、この美しい夜うるさくて目が覚めてあなた、しかしあなたの美しさもないのだが私の足どりに達して一番軽くて、あなたの耳にされようか。私も呼吸を緊縮一定の限界、子猫のように鳥のようにそっと歩いているかもしれないが、私はこんな緊張、やっと私を押し出したトップの限界。それはわざと私を探して面倒月光のように、私は見たくない時、それはわざと私をおびき寄せるその肉感的の金網で、この時、月明かりのように柔らかに照らされ、夜はわざとこのいわれなくの布石として、この月明かりにあってはそんなに鮮やかな、あの美しくしとやかマン妙な姿が、それが間違いなく寒冷紗に顕、腰の条、大量客製化凹凸の輪郭曲線、それから白い寒冷紗の隙間から漏れ聞こえてくるようなを持って、バラの香り、私にようで、私はこの突然の美しい震が住んでいましたが、そこで立ち止まって、象の刻の場所ででさすがの歩き出す勇気もない。私は徹底的な美しさに浸ってましたので、心から心服する。
約15分間があることができて、私はやっとぼんやりした美しさに目覚め、私はまた勇気がないを見に行きました、急いで解決してトイレで、私の用を足し。正直な話、私は本当にあなたに好きなのも、あなたを好きになって、しかし私はできないようにすると、モラル方面から言って、あれはすべてに行ったの、私は、何気なく見てあなたを見て、も1種の幸福と酔う。あの時あなたは我が家に住んでいた一年にならないが、私はあなたの愛に対してはそんなにの特殊な、まるで私たちの間にはなにかを避けて、すべてそんなにの勝手なが。あなたも私を他人とは思えない、そんな私に愛が加倍、あなたの娘聡明で、それが可愛いことも素直な自分を忘れて、あなたはそんなにの私もあなたに頼る、下校と登校、すべてを引っ張って私はあなたと一緒に歩いて、その時あなたは本当に楽しい小鳥、護髮素私の前に、飛び回って、美しくてひらひらとの美、本当に私に忘れられない。  


Posted by 丽萨 at 12:46七色彩虹

2015年01月30日

半生無念

夢を葉に従って、人がした。あっという間に一年。軽い捻光陰の裾を整理、烦乱の考え、憂うつ言い表せないか、気持ちは嫌い。
流れる日々を振り返ると、気が重くて復雑母乳 研究。は昔の懐かしい、それとも未来への恐怖?迷いの中に、意外にも答えは出ない。
往事紛紛、花事荼蘼。昔の記憶を時間のように同じ冬こずえを磨き、謝謝の散る花、季節の狂殘酷でやはり散る。
半生顛沛、半生流離、生活は水のよう微澜。私も昔も喜憂にせよ、一冊の本を越えて古本の、ぼやけ黄ばむ。
曲終幕尽くして、最終閉店。棺を蓋うて定まるはまだ分からないが、孤城さながら「棒倒し」状態だっ。淺薄で直球一生は、文字は私も殘って何ですか?

真冬の冴え勝手暴れ、巻に北風が本来の靑々と茂って塗りを染めて満目荒涼たる。以前は荒れた野草、つかの間の流れに思う存分燃焼。
暁寒い暮は冷たくて、涼しい水清。心ない場所、万物索然。とにかく彫琢歳月の無念も、常に困難和合の中の振る行かない悲しい。
甘い生活も、歳月の果てにかなわない;人生の再美を並べでも消化系統、流年似水。すべての灰をしたら、その痛みの徹底的な心の扉は、依然として寂しい煙の魂。
彼岸燈、夢の中で水郷、ホタルは流れて、あっという間にそれからもう振り返って見る。そばに自分で歩ん四季薄涼のは永遠に後ろの姿その痩せぎす。
半生功名で迷って、半生;半生無念、消耗半生に相忘る。もし人生のただ1度のパフォーマンス、物語が閉幕した時、また誰が本当でさっぱりした思い出を?  


Posted by 丽萨 at 11:44光阴

2015年01月09日

蝶の粉翅

空が白んではその瞬間から起きて、星の光をあっさり縷縷雲糸の中の水のしずく、そっと目に落ちて。夜と白受け渡し場所が靑の朝を噛んで鳥の羽根ハーモニー線によって君を呼ぶChina retail store contractor
覚えていない長い夢があるか。長い睡眠像を貫いた果てない暗の中でまた時空かすめ疲れも満足の跡。夢の中ですべての時空倒壊する、私は巨大な夜に浮いて、塵くず満天には、真実の痛み、私は静かに眠る。
採用の月、ピカピカの星が、私の夢の中で幾多の邪念を砕く、私を連れてエルフの世界に舞う。
孤独な蝶て月光の召喚氷の白い翼伸びやかひらり翻舞。月夜の細い川一面清冽。
朝の霧の中で靑しっかりしていて、隔世の感の夢えくぼと憂いと悲しみ。僕はもう何も力、静かに見て月夜が消えて。
蝶は繭にされていたのと同じ夢に悩んでいる。Musee一匹だけにつれその花びら舞う蝶のきらきらと透明な月の夜。
今夜は彼女は早めに繭を破る。世の中にはいつもあまり多い欲張りだけで、白蝶を引き裂いた自分の繭が溶け、この瑠璃白い月光の中。
朝の露を携えて濃い濡れた蝶の粉翅。蝶がゆっくり落ち。束を益母間しかボルト。蝶、待つかもしれないまま死んだ。
日光照临、白黒の夜化されたカラー。乾燥した温かい疲れた湿気、蝶の大口は吸引花露。花露の息吹を慰めて孤独な蝶、蝶のデリケートな翅ゆっくり伸びやか先高。蝶踊りあかすなった、薄紫の益母花間。後ろには広大な白蝶と躍っ。満天の雪のようにきらめくような楽しいdc motor speed control。  


Posted by 丽萨 at 13:20情感七色彩虹